毛染めTOP > 選び方

安全な毛染めを選ぼう

安全な毛染めを選ぶには、髪質や肌質を基準に選ぶと良いと言われています。

思い通りの色に染めるには、仕上がりに関係していくる髪質をチェックする必要があり、また、トラブルを避けるためには肌質に適した毛染めを使用することが重要なポイントになります。

特に、敏感肌アレルギー体質の方は、肌荒れやかぶれなどの皮膚トラブルのほか、呼吸困難や頻脈などの健康面の害を未然に防ぐため、最適な毛染めを選ぶようにしましょう。

綺麗な仕上がりのために髪質をチェック

髪質は大きく分けて2種類あり、細くて柔らかい軟毛と太くて硬い硬毛があります。

軟毛は染まりやすいため、ほぼ希望通りの色の毛染めで染められますが、対する硬毛は一般的に染まりにくいため、希望の色よりもワントーン明るい色を選ぶと良いでしょう。

また、黒髪が多い場合は希望の色よりワントーン明るい色が、白髪が多い場合はワントーン暗い色がおすすめです。

もしも染めにくい色に染める場合は、塗布量と放置時間、室温を調整すると綺麗に仕上がります

トラブル防止に肌質を注意しよう

市販の毛染め剤の中には、アレルギー体質の方が使用すると、アレルギー反応を起こすパラフェニレンジアミン(PPD)というジアミン系成分が配合されているものがあります。

肌のかぶれや湿疹程度はまだ軽症ですが、呼吸困難や目の痛み、頻脈などの症状を引き起こす場合もあります。

肌の弱い方にとってもかぶれや赤みなどの肌荒れを起こす場合もあるので、必ず事前にパッチテストを行い、毛染めによるトラブルを防ぐように心がけましょう。

また、アレルギー体質や敏感肌の方には、『利尻ヘアカラートリートメント』や『レフィーネ』などの化学染料を使用していない天然の毛染めがおすすめです。


ページ上部へ戻る