毛染めTOP > 

毛染めによる害はどんなものか

現在は自宅で手軽に毛染めができるようになり、子供やペットまで毛染めを行う方が増えました。

しかし、ほとんどの毛染めには化学染料が使用されており、主にアレルギー体質や敏感肌の方の人体に影響を及ぼす可能性があります。

初めて毛染めをした時に何も起こらなくても、ずっと安全だという保証はなく、数年後にアレルギー反応がでるケースもあります。

そのため、毛染めに使用されている薬剤についての正しい知識を認識し、安全に毛染めを使用しましょう。

アレルギー反応を起こす成分

毛染めに入っている物質には毛髪を黒色系に染めるパラフェニレンジアミン(PPD)というジアミン系成分があり、刺激が強くアレルギー反応を起こすことで知られています。

パラフェニレンジアミンは酸化染毛剤の一種で、アレルギー体質の方が使用した場合はかぶれや湿疹などの皮膚炎を起こします。

さらに、急性・全身性のショック症状である『アナフィラキシー』を起こす場合もあります。

このアナフィラキシーは呼吸困難や鼻・喉などの激しい痛み、咳き込み、血液循環の障害が起こるほか、場合によってはショック死する可能性もあるのです。

髪や頭皮へのトラブル

毛染めを使うことで髪がパサついたり、きしんだりする症状は、主に過酸化水素による影響です。

この過酸化水素は、髪の水分を外へ出してしまい、髪のうるおいを奪ってしまうため、髪がパサつくなどの症状を引き起こします。

はじめはトラブルがなくても、繰り返し毛染めを使うことによってダメージが蓄積されていき、痛みがひどくなったり、裂毛・枝毛・断毛などが起こるようになります。

特に、肌の弱い方アレルギー体質の方が使用すると、頭皮がかぶれたり、かゆみが出たりする可能性があるので、毛染め前のパッチテストは忘れずに実施するようにしましょう。


ページ上部へ戻る