毛染めTOP > かぶれない

かぶれない毛染めとは

毛染めを繰り返し使用していると、頭皮や髪へのトラブルは避けられません。

具体的なトラブルとしては、髪のパサつきやきしみ、頭皮のかぶれやかゆみ、湿疹など数多くあり、白髪染めを繰り返し使用するほどダメージは深刻化していきます。

一方で、増え続ける白髪を放置することもまた困難であり、ストレスによる髪や頭皮のダメージも心配です。

そこで最近では、ダメージの抑制アレルギー予防のために、化学染料を使用しない天然成分配合の毛染めが注目されています。

かぶれの原因

市販の毛染めは、1剤にジアミン系の染料やタール色素が、2剤には漂白効果のある過酸化水素などが入っています。

ジアミン系の染料とは強いアレルギー反応を起こすパラフェニレンジアミンというもので、アレルギー体質肌が弱い方が使うと、かぶれやかゆみ、湿疹などを引き起こします。

さらに、過酸化水素は髪の潤いを奪うため、パサパサした髪になってしまいます。

そのため、最近ではジアミン系などの化学成分を使用しない無添加の毛染めが開発されました

天然成分は安全

今注目の天然系毛染めには、クチナシヘナなどの天然植物染料が配合されています。

天然植物染料の中には、痛んだ髪や頭皮を補修するトリートメント効果を持つものが多く、アレルギー体質の方以外にも、髪や頭皮を痛めずに済む毛染めとして人気があります

たとえば、北海道の利尻昆布を使った『利尻ヘアカラートリートメント』は、クチナシやウコンなどの植物染料を使用しており、利尻昆布に含まれる保湿力が特徴です。

利尻ヘアカラートリートメントなら、シャンプー後のトリートメントとして使いながら髪を染め、潤いのある美しい健康的な髪になります。


ページ上部へ戻る