毛染めTOP > 準備するもの

毛染め前に準備するもの

実際に毛染めをする際には、毛染め本品や添付されている手袋・トリートメント剤のほか、いくつか自分で揃えるものがあります。

毛染め剤を塗り始めたら身動きが取りづらくなるので、必要なものは身の回りに置いておきましょう。

毛染め前に準備しておくものは毛染め本品に添付されている取扱説明書に記載されていますが、自分で必要だと思うものを用意しておくと、再度毛染めをする際にも役立ちます。

汚れ防止に必要な物

毛染めの染毛力は強いので、地肌や床などが汚れないよう事前の防護策が必要です。

液だれによる地肌と衣服の汚れを防ぐためには、手袋やケープ、脱ぎ着しやすい前開きの服、生え際の地肌に塗るコールドクリーム、耳を覆うイヤーカバーなどがあると便利です。

また、気をつけていても床や家具に飛び散ってしまうおそれがあるので、新聞紙をまんべんなく敷き詰めておきましょう。

万が一、地肌に汚れがついたときはティッシュペーパーがあると便利です。乾く前に拭き取ってしまえば、汚れが落ちやすくなります。

きれいな仕上げに必要な物

自分で毛染めを行う場合、どうしても塗布量がばらついたり、塗り残しができてしまい、色ムラが起こりやすくなります。

色ムラなくきれいに仕上げるには、染毛剤の塗布量と放置時間を均等にする必要があります。

髪の内側まで均一に塗るためのヘアクリップや、塗り忘れを防ぐためのがあると便利です。

また、一部市販の毛染めでは染毛剤を伸ばす時に使うコームがついている場合があります。コームはまんべんなく染毛剤を行き渡らせることができるので、ついていない場合は準備しておくと良いでしょう。

さらに、染毛剤を塗り終えた後は、硬毛や白髪などの染まりにくい毛髪でもしっかり色がつくよう、サランラップヘアキャップで頭部を覆う方法もおすすめです。


ページ上部へ戻る