毛染めTOP > ヘアケアシャンプー

毛染め後はシャンプーでヘアケア

毛染め後は、髪を異物から保護するキューティクルが開きっぱなしになっています。

毛羽立ったキューティクルははがれやすく、万一損傷してしまうとパサつきの原因になってしまいますので、染毛剤を洗い流して元に戻さなくてはなりません。

そのため、毛染め後はカラー専用のシャンプーで染毛剤をしっかり落としつつ、開いたキューティクルをケアすることが大切です。

キューティクルが閉じると、色持ちも良くなるので、カラーを長持ちさせるためにも毛染め後のシャンプーはしっかり行いましょう。

念入りに染料を洗い流す

毛染め後のシャンプーはとても大切ですが、シャンプーをする前のすすぎも重要になります。

大して染毛剤を落とさずにシャンプーをすると、うまく泡立たないばかりか、開いたキューティクルが摩擦によってはがされ、髪を痛めてしまいます。

よって、まずはすすぎ湯が無色透明になるまでしっかり洗い流してから、シャンプーを始めましょう。

ちなみに、染毛剤をすすぐ際、周辺に染料が飛び散って汚してしまうおそれがあるので、あらかじめ床や壁などを濡らしておくと後々の片付けが楽になります。

毛染め後のシャンプーは大事

使用するシャンプーは通常のシャンプーよりも、色落ち成分が含まれていないカラー専用シャンプーがおすすめです。

カラー専用シャンプーには、毛染めでアルカリ性になった髪を弱酸性に戻し、開いたキューティクルを自然に閉じる効果があるので、毛染め後はぜひカラー専用のシャンプーを使用しましょう。

また、実際にシャンプーをする時は、シャンプー液を手でよく泡立ててから、髪につけましょう。毛染め後の髪や頭皮はとてもデリケートなので、力任せにこすることのないように丁寧に優しく洗います。

また、アルカリ性になった髪はすぐには弱酸性に戻りませんので、しばらくカラー専用のものを使用すると良いでしょう。


ページ上部へ戻る